<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

彼もお薦め・・・。

COLD CREAM 


コレクターズアイテムにもなっている陶器のジャーです。
アンチョビペースト・グリース・歯磨粉用と色々ありますが、私はコレクターでもなく
というかコレクターになったら怖いですよね。
1つ数万円もして。。。
この陶器のジャー含め色んな種類があって、しかもデザイン・大きさ・蓋物と
くれば集めたくなるのも、しょうがない。。。

d0141239_1212613.jpg


でもこの妙な【COLD CREAM】一つで結構インパクトがあるので我慢。
昔のLONDONのパンクスかと思ってしまいました。。
通常、陶器という材質もあって本体と蓋が揃っているのはなかなか難しいと聞きます。
おかげさまでこのパンクスジャーはお揃いみたいです^^

d0141239_1214513.jpg


裏には<TOOGOOD PATENT LONDON>とあります。
すごく安かったけれど・・・・・。
心配。
[PR]
by g0316 | 2008-01-31 01:25 | 古・ふるいもの

何だろう?

小さいのに大きい。 



これは、いったい?


d0141239_4221845.jpg


きのこのようにも・・・・。
シャンパンの蓋のようにも・・・・。

頭のところは多くの方が手で触ったらしく色が変色しています。
ということは・・・・

引っ張っても開かないので、まわしてみましょう^^

開きましたっ!

d0141239_4244294.jpg


中には何がっ?

More・・・・・・・エイッ。
[PR]
by g0316 | 2008-01-30 04:35 | 古・ふるいもの

cool beauty

memorial plate。 



<cool beauty>と謳われたグレース王妃が亡くなられてから早いもので
既に四半世紀が過ぎました。
ご成婚時のことはもちろん亡くなれた時の記憶もそんなにはありません。
ダイアナ妃よりはもっと夢の国のお姫様のような美しく淡い記憶に残っている感じです。
Monacoという国柄が更にそう思わせるのだと思いますが、映像に残された立体的な
彼女を見るというよりは写真という平面で見たいと思ってしまう・・・。



d0141239_373171.jpg




でも、1度アルフレッド・ヒッチコックの「裏窓」を見ましたがとても良かった!
古き良きアメリカという感じで・・・。
古階段が裏に付いた雑居アパート・その中からみえる1つ1つの窓。
その中には色々な人々が日々暮らしていて、それぞれにドラマがあって。
その中の1つの窓から足を骨折している主人公のジェームズ・スチュアートが殺人を目撃。
グレース・ケリーと事件を解決しようと試みるが・・・・みたいなお話。(?)

記憶に残るのはグレース・ケリーの美しさ・衣装もさることながら
映画全編にわたりほぼ99%撮影が室内というところも・・・。
ちなみにヒッチコックは必ず自分の映画の1シーンに気づくか気づかないかの
きわどさでチョイ出演をするのは有名なお話。。^^
この「裏窓」では、主人公の住む隣のアパートの作曲家の部屋の内部にに登場。
ピアノの横で時計のネジを巻いているヒッチコックが映ります。
気づかないと思います・・意識していなければ。
それにしても、おちゃめですね。

何故か話がこんなに逸れてしまいました・・・・。

色々な映画がハリウッドを始め世界各国で作られ、色々なスターが生まれて来ますが、
やはり心に残るのは、スターがスターであった、古き良き昔。

年を重ねてくるにつれ、新しいことがあまり頭に入らなくなってきました(!)
昔の映画や昔のスターを今年は見直してみようかな・・・と思います。
[PR]
by g0316 | 2008-01-29 03:09 | 古・ふるいもの

冬の朝。

シルエット。 



早寝早起きが苦手な私です。
特に冬の朝なんて昼過ぎまでお布団の中でヌクヌクしていたい。
けれど、ブログを始めてから休みの日の朝は、やや^^早くなりました。

d0141239_3361317.jpg



早く起きないと陽が暮れて写真が撮れなくなってしまうので。
といっても、かなりの出不精ですけど。


d0141239_3401367.jpg

 


それでもどうにかモゴモゴと起きてカメラ片手に町を歩いてこんなコたちに
出会うと「早起きっていいじゃない!」と思うのです。

今まで通り過ぎていたものたちが、カメラを持つことによりキラキラして見え、
10分で歩ける場所に結果的に40-50分掛けてしまったりして。
おかげで目的地に着く頃には陽が暮れかけていたりも、しばしば。


自己満足ワールドをひた走りの日々です。。


d0141239_3523263.jpg

                ↑ 浮いてます・・・。^^
[PR]
by g0316 | 2008-01-28 03:57 | 日・ひびのこと

フェーブ (fève)

大きな違い。 


フランスの伝統的なお菓子「ガレットデロワ」に潜ませるとても小さなフェーブ。

d0141239_317745.jpg


フランスでは、1月6日にキリスト教・公現祭を、ケーキとともにお祝いするという伝統的行事のお菓子で、
アーモンドクリームをパイ生地で包み、フェーブを忍ばせて焼きます。
運良くフェーブを見つけた人は、王様(女王様)になり王冠をかぶってその日、一日みんなから祝福されるそうです。
元々は乾燥した空豆(フェーブ)を使用していたので、フェーブ。
そらまめ→金貨→プラスチック・陶器・メタル・磁器と色々移り変わっていったみたいです。
日本の居酒屋で繰り広げられていた<王様ゲーム>とは大違いですよね。

d0141239_3295934.jpg

コレクターもたくさんいて、これでもか!という程のフェーブが各種出ていますが
私はこの素焼きのフェーブが可愛いなぁ、と思います。
彩色が施してある物に手を出したら永遠に集めなくてはいけなそうで怖いです。(笑)

d0141239_3293930.jpg

これは白クマのフェーブですが、コレくらいのシンプルさは◎です。
形もうすらぼんやりとアバウトでいい感じ。。
できれば釉薬なしがgood。

でもトレイに乗せてboulangerie(パン屋)のフェーブと一緒に置くと
まるでクッキーのようでいい香りが漂ってきそうです。。

d0141239_3382575.jpg

[PR]
by g0316 | 2008-01-27 03:42 | 物・ざっかもの

天使 VS 魔女

ポエム館? パペルブルグ? 


寒い・・。
なんだかとても寒くて、ガスヒーターを背中にしょって亀状態な日々です。

ブログのお引越しやらで、すっかり忘れていましたが・・
先日、八王子のとても静かな何もないところにひっそり佇む
pappelburg」という喫茶店に行ってきました。

d0141239_2534193.jpg


入り口の扉の上には、シンメトリーな二人の天使が。
お店自体は蔦の絡まる洋館でとても素敵です。
でも・・・フフフ。正面入り口のファサードには・・・・(笑)

d0141239_258119.jpg


魔女、発見。
フフフ。

店内はお客様がいらしていたのであまりあからさまには
撮れなかったのですが、お店の方に許可を得て店内外を少し
撮影させて頂きました。

d0141239_312812.jpg


奥の間にあったステンドグラス。

本当は店内は吹き抜けで、壁面にフレスコ画のような絵が描かれてあったり
鹿の剥製やアンティークの家具・調度品がたくさんあったのですが、残念。

d0141239_342548.jpg


一番奥の席にホールを背にして座ったので見える範囲内の写真しか・・・(泣)
お料理はとても美味しく、ヴォリューム満点!
クラッシックを聞きながら夢中でいただき、もちろん写真は撮り忘れました。

d0141239_37653.jpg



はじめ入り口のところにお店の名前が流暢な書体で書かれており、「?」と
目をこらして、ジィっ~っと見ると・・・・・「POPURA KAN COFFEE」・・・。

「ポプラ館コーヒー!」そんな70年代チックなお名前だったのですね。
厚木に、そのようなお名前のカフェがあったそうです。

d0141239_3142491.jpg


本当に目立たないところにあるのですが、お近くの方がいらしたら是非お出かけ下さい。
くつろげます。







にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by g0316 | 2008-01-26 03:16 | 出・でかけたよ

スタンプ好き。

押す。 


女性の方に[スタンプ好き]は多いかと思います。
男性はどちらかというと、万年筆や手帳などによりこだわりがあるのでは・・。
女の人は手紙やカードを書く機会が多いですものね!

かくいう私も昔は1日に4-5人の方に手紙(カードではない・・笑)を書いていたことがあります。
便箋を選ぶ・書く・切手を貼る・相手の方の受け取った顔を想像する!
そんな一連の流れがたまりませんでした。

今では、そんな機会もめっきり無くなり、年賀状すらままなりません。


d0141239_2595262.jpg



このスタンプは大きさが好きで、スタンプのラバー部分は結構小さいのに
キチンとハンドルも付いています。
最近、雑貨屋さんなどで売られているのは、ハンドル無しの方が大半ですよね。
スタンプ好きは、やはりハンドルが欲しい!

では、押してみましょう!!

More・・・・・・・エイッ。
[PR]
by g0316 | 2008-01-25 03:17 | 古・ふるいもの

小さな・・・。

あっというま。 


昨日の雪はなんだったんだ、ろう。。
冬好きとしては少し悲しかった。
「あっ、雪だっ!」と、思う時もなく雨に変わって。
もう少し楽しみたかったな、雪景色。


d0141239_326778.jpg


この小さな缶は1㌢×2.5㌢しかないの・・・・・。

More・・・・・・・何の缶??
[PR]
by g0316 | 2008-01-24 03:45 | 古・ふるいもの

虹の向こう。


d0141239_226735.jpg



□白洲 正子 1910~1998 白洲正子
□白洲 次郎 1902-1985 白洲次郎
□小林 秀雄 1902-1983 批評家
□仙厓 義梵 1750-1837 僧侶
□熊谷 守一 1880-1977 画家
□笠 智衆  1904~1993 俳優
□入江 泰吉 1905-1992 写真家
□松村 達雄 1914-2005 俳優
□笹部 新太郎 1887-1978 植物学者・桜守
□杉本 健吉 1905-2004 画家
□原 ひさ子 1909-2005 女優
□西村 公朝 1915-2003 仏師 僧侶
□高橋 延清 1914-2002 森林学者
□井伏 鱒二  1898~1993 作家
□北村 西望 1884-1987 彫刻家 
□加藤 唐九郎 1898-1985 陶芸家
□河合 隼雄 1928-2007 心理学者
□武井 武雄 1894-1983 童画家
□宮崎 康平 1917-1980 古代学者・作家
□黒田 辰秋 1904-1982 木工・漆作家
□宇野 重吉 1914-1988 俳優・演出家
□柳田 国男 1875-1962 民俗学者
□友枝 喜久夫 1908-1996 能役者
□月岡 耕漁 1869-1927 能画家
□松野 奏風 1899-1963 能画家
□小川 義章        高山寺僧侶
□榊  莫山 1926-2010 書家

○Glenn Gould 1932-1982 グレン グールド
○Joan Crawford 1905-1977 女優
○Ayrton Senna da Silva 1960-1994 F-1ドライバー
○Émile Deyrolle  1830-1890 博物商
○Lucie Rie      1902-1995 陶芸家
○Andrew Wyeth 1917-2009  画家


■酒井 雄哉 1926-     僧侶・大阿闍梨
■さだ まさし 1952-     歌手
■岸 恵子 1932-     女優
■福森 雅武 1944-     陶芸家
■智内 兄助 1948-     画家


[PR]
by g0316 | 2008-01-23 22:06 | 心・震える人々


                                                          


by g0316

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

MEMO

フォロー中のブログ

zubora日記
毎日手紙を描こう★貰うと...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
Toy Soldiers
ありがとう 人生!~me...
暮らし楽しく
yururito
Rise覚書
青と赤yue
小さじ1
apple8 memo
太美吉の楽書
平均律Ⅱ巻の森
Lenzgesind
くま先生の滋賀が大好き!
ひびのかけらをあつめて。
クールドミール
airy な仲間たち
ネコな海老
のんびりtime♪
PH4.4-7
ちりめん戯縫
Lush Life
Doily
たんぽぽのタネ
MONO STYLE +
青蓮亭日記
おへそ探し
POSITIVE ACT...
針仕事職人の気ままな仕事場
Melody Fair
マイペースな日々
こねこをかいはじめたの....
ring-a-ring-...
It's on my mind
のんびりさん
プカプカ
Bon-bone-bon...
Autumn Leaf
キャトキンとモニアン
マトリョーシカ
海ん中
ducky!
ア ラ カルト
小さな宝探し
地中海の街から バルセロナ
グレン・グールド肖像画集...
空を見上げる
pensee
★楽しい毎日★
inunome-neko...
けんこうごはんとおいしい...
easygoing fe...
come rain or...
海の古書店
mille/deux b...
Vie tranquille
La Maison de...
Sea Glass
* Avanti * ...

カテゴリ

音・音楽の時間
日・ひびのこと
古・ふるいもの
出・でかけたよ
好・ほんやひと
食・たべるのむ
芸・あーともの
友・ブログの友
毛・こどもたち
物・ざっかもの
生・しぜんかい
伝・ごれんらく
ス・とりちなや
心・震える人々

タグ

(78)
(78)
(66)
(62)
(53)
(51)
(35)
(30)
(29)
(29)
(24)
(23)
(19)
(13)
(11)

以前の記事

2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

画像一覧

最新の記事

今年も宜しく。
at 2011-01-05 01:26
今年も、あとちょっと。
at 2010-12-31 22:58
② 毛の生えた大人たち IN..
at 2010-12-01 01:18
① 毛の生えた子供たち IN..
at 2010-11-28 01:03
Phantom
at 2010-11-18 01:25
寝たガル。
at 2010-11-04 23:32
莫ちゃん!!!・・・・・・・..
at 2010-11-01 13:29
こんばんは!
at 2010-10-22 23:35
Lomonosov
at 2010-10-05 01:54
カバ・・・・・・・。
at 2010-09-27 01:58

その他のジャンル