おばあちゃん、はじける。

d0141239_051288.jpg

はじめに。

先日、埼玉県立近代美術館まで一人の
おばあちゃんの絵を観に行ってきました。
どうしても実物を観たいと思っていました。
案の定、館内展示室に入った瞬間に身体の
中の細胞という細胞が小躍りしはじめました。

どの絵もどの絵も,一つ一つが、おばあちゃんの
描く喜び、また絵自体の描かれる喜びに溢れていました。
とてもPC内で伝えられない素晴しい色使いです。
これから観て頂く絵もご存知の通り実物とは全く
色も迫力も違います。
観ている最中脳細胞が感動のあまりグルグルしすぎて
気持ち悪くなるほどおばあちゃんの絵にはパワーが
みなぎっていました。

本当は先日予告をしたときまでは、ある事実を知らず、
おばあちゃんの絵を皆さんに伝えたくて観て欲しくて
前もってお知らせしたのですが、本当は昨日(既に一昨日)
UPしようと思って資料になる画集(花と人と生きものたち)
を見返していました。
知らなくて良かったなぁ・・・とも思ったのですが
画集(実の息子さんとその奥様が編集されています)内に
冒頭から同じように息子さんの言葉で(お知らせするような
ことではありませんが・・)という前置きの元にある一つの
事実が書かれていました。私も事実として後でお知らせ致し
ますが本当はUPを辞めようかなと思うほどショックだったのです。
実物の絵を観ていることもあるかもしれませんが。
でもぜひともおばあちゃんの絵を少しでも皆さんにも観て欲しくて
UPすることにしました。
前置きが長くなりすみません。
観て下さいね。



d0141239_161171.jpg

おばあちゃんは、絵を描き始めました。
働き通した生涯の終ろうとする、そのときから。
そして、一人の絵描きが一生かけても描ききれないほど
たくさんの絵を、私たちに残してくれました。
朝から晩まで描き続けたおばあちゃん。
たまっていたものが、ほとばしり出たのです。
「疲れたでしょう。少し休んだら」と、言いますと、
「日照りのときの田の草取りのこと思うてみい、
遊んどるようなもんよ」と、おばあちゃんは言いました。

(丸木 位里・丸木 俊編:花と人と生きものたち)より



d0141239_1123684.jpg

今から130年以上も昔、広島県安佐郡の農家におばあちゃんは産まれました。

d0141239_133506.jpg

22歳の時、おばあちゃんは結婚をしました。

d0141239_141522.jpg

10代の頃から田んぼに出ていたおばあちゃんは結婚してからも
毎日毎日農業に従事します。

d0141239_1422093.jpg

働いて働いて毎日働きました。

d0141239_2244100.jpg

おばあちゃん、26歳の時に息子の位里(1901-1995 日本画家)が産まれました。
後に「原爆の図」という絵を妻の俊(1912-2000 日本画家)と十五部まで描き続けました。

d0141239_26790.jpg

1945年広島に原爆が投下されます。おばあちゃん70歳の時です。

d0141239_294420.jpg

翌年おばあちゃんは夫と死別します。

d0141239_2225943.jpg

おばあちゃんは子供達の間を行き来しながら暮らします。

d0141239_2272318.jpg

働いて働いて働いてきたおばあちゃんには年老い子供達に食べさせて
もらっている日々は退屈でしょうがありません。

d0141239_2292088.jpg

「退屈だぁ~」がおばあちゃんの口癖になってきます。

d0141239_2305179.jpg

そんなおばあちゃんに、あるとき息子夫婦が絵を描くことを勧めます。

d0141239_235437.jpg

おばあちゃんは働いてばかりだったので筆も持ったことがありません。
筆に色をのせてもどのように紙の上に線を、筆の跡を記してよいかも
わからなかったのです。
筆は持ったことがなくとも箸は持ってきた、そんなところから始まって
おばあちゃんは絵を描き始めます。
広告の裏だったり画家夫婦のくれる余り紙だったり、孫からもらった
鉛筆だったり、寄せ集めの画材でおばあちゃんは絵を描き始めたのです。

d0141239_2402486.jpg

おばあちゃんは楽しくて楽しくてしょうがありません。
生活のおばあちゃんの周りにいる愛しい花や鳥や犬や魚、あらゆる
自然に生きる愛しきものを描いていきます。
あるときおばあちゃんは

「見てくれや」
分厚い画用紙をおばあちゃんは持ってきました。
「これ、犬?」
「魚じゃよ」
思わずみんなで笑いました。
「これ虎とひょう?」
「猫じゃよ」
孫も嫁も集まってきました。
おばあちゃんは、自分でも大声をあげて、
「おかしかろうがの」
と、笑います。


おばあちゃんの目には何もかもが美しくうつったんだろうと思います。
おばあちゃんは働いて、働いて、働いてきたように、
描いて、描いて、描き続けました。
描き始めた年から女流美術展で入選したり院展に入選したりしていきました。
働き通しだったおばあちゃんは、ひとつの所に座り込んで、立体を
眺めたことがありません。モノを見るというところからもおばあちゃんは
自分なりに勉強していきました。
おばあちゃんの絵は大きい絵も多く100号以上のものも少なくありません。

d0141239_314370.jpg

おばあちゃん、70代も終わりかけた頃言いました。
「わしゃ、今が花よ」
今が一番人生で一番うれしい時だと、自分でも言っていたようです。



あるとき息子夫婦が原爆の図の展覧会の為に世界各国を回る旅に出ていた
時のこと、おばあちゃんは練馬区の子供の家に身をよせていました。
そこには若者が2人出入りをしていたらしく、あるとき息子夫婦の姪にあたる
恭子さんが音楽学校から帰ってきた際に、家の中がしーんとしていつもと違う、
誰もいない、嫌な予感がした恭子さんは隣のおばさんを呼びに行きました。
おばさんも何だか変だというので警察を呼びに行き家の中を見てみると、
床に血のあとがあって風呂場におばあさんが倒れていたそうです。
おばあさんは亡くなっていました。殺されたのです。

息子さんが言うには当時家に居た相手の男性も後から自殺したとのこと。
二人の間に何があっておばあさんが殺されたのかはわからない。
ただ、自分も殺されたが、相手も自殺しなきゃならなかったということは、
ある意味では自分も殺されたが相手の青年も殺してしまったということでは
ないか・・と息子さんは仰っています。殺され更に自殺するような何かが
二人の間に起きたのだと。


d0141239_3185869.jpg

土にまみれた鍬を置き、初めておばあさんが絵筆を持ったのは74歳の時でした。


丸木スマ 享年81歳


d0141239_320331.jpg

74歳から81歳で亡くなるまで、まさしくおばあちゃんは、はじけていたのだと思います。
[PR]
by g0316 | 2008-08-24 03:25 | 心・震える人々


                                                          


by g0316

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

MEMO

フォロー中のブログ

zubora日記
毎日手紙を描こう★貰うと...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
Toy Soldiers
ありがとう 人生!~me...
暮らし楽しく
yururito
Rise覚書
青と赤yue
小さじ1
apple8 memo
太美吉の楽書
平均律Ⅱ巻の森
Lenzgesind
くま先生の滋賀が大好き!
ひびのかけらをあつめて。
クールドミール
airy な仲間たち
ネコな海老
のんびりtime♪
PH4.4-7
ちりめん戯縫
Lush Life
Doily
たんぽぽのタネ
MONO STYLE +
青蓮亭日記
おへそ探し
POSITIVE ACT...
針仕事職人の気ままな仕事場
Melody Fair
マイペースな日々
こねこをかいはじめたの....
ring-a-ring-...
It's on my mind
のんびりさん
プカプカしましょ&#12...
Bon-bone-bon...
Autumn Leaf
キャトキンとモニアン
マトリョーシカ
海ん中
ducky!
ア ラ カルト
小さな宝探し
地中海の街から バルセロナ
グレン・グールド肖像画集...
空を見上げる
pensee
★楽しい毎日★
inunome-neko...
けんこうごはんとおいしい...
easygoing fe...
come rain or...
海の古書店
mille/deux b...
Vie tranquille
La Maison de...
Sea Glass
* Avanti * ...

カテゴリ

音・音楽の時間
日・ひびのこと
古・ふるいもの
出・でかけたよ
好・ほんやひと
食・たべるのむ
芸・あーともの
友・ブログの友
毛・こどもたち
物・ざっかもの
生・しぜんかい
伝・ごれんらく
ス・とりちなや
心・震える人々

タグ

(78)
(78)
(66)
(62)
(53)
(51)
(35)
(30)
(29)
(29)
(24)
(23)
(19)
(13)
(11)

以前の記事

2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

画像一覧

最新の記事

今年も宜しく。
at 2011-01-05 01:26
今年も、あとちょっと。
at 2010-12-31 22:58
② 毛の生えた大人たち IN..
at 2010-12-01 01:18
① 毛の生えた子供たち IN..
at 2010-11-28 01:03
Phantom
at 2010-11-18 01:25
寝たガル。
at 2010-11-04 23:32
莫ちゃん!!!・・・・・・・..
at 2010-11-01 13:29
こんばんは!
at 2010-10-22 23:35
Lomonosov
at 2010-10-05 01:54
カバ・・・・・・・。
at 2010-09-27 01:58

その他のジャンル