今日は、何の日?

Happy Birthday 180 years to ZSL London Zoo。 

d0141239_2304442.jpg


今日4月27日で「London Zoo」が1828年から数えて180周年を迎えます!!





1826年にスタンフォード・ラッセル卿の発案によりロンドン動物学会が設立され、ロンドンに生きた動物のコレクションの場(動物学全般の進歩の場として)を設けることになったそうです。


d0141239_2423389.jpg

(ロンドン・リージェントパーク内の London Zoo の場所)


d0141239_244741.jpg

上:開園当初のロンドン動物園の概略図
下:開園初期の入場券 (復活して欲しい程の可愛らしさ)


d0141239_22313892.jpg

上:アンテロープ館
下:ライオン館


d0141239_22315973.jpg

上:3頭のチンパンジーと当時の飼育係り
下:A.D.バートレット(園長)が最初に作ったゴリラの剥製。(毛が無くて怖い・・・)



d0141239_22321957.jpg
 
左右共に1837年にオランウータンとして最初に輸入された”ジェーン”
左はジョージ・ジャーフ氏による1837年作の石版画
右は1838年のザ・ミラー紙のもの      (全然違ぁ〜う! 泣)



d0141239_22323821.jpg

左右共に象の代名詞ともなったアフリカゾウの”ジャンボ”

1865年6月に動物園に連れてこられた当初は推定5歳くらいで汚れきって、垢もたまり
見るもみすぼらしい感じだったそう。当時の飼育係りたちの日々の努力により汚れも
落とされ何年も掛けて培ってきた友情によりジャンボはその後16年間ロンドン動物園内で
人気者として誰からも好かれ大人しく、穏やかに、日に何百人となく見物客を乗せて園内を
歩くのが日課でした。但し16年間の年月はジャンボを4フィートから11フィートに成長させ
この年齢でこの状況下に置かれているオス像は手におえない危険な存在になっていくもの。
(そうなんだ・・・。?)ジャンボもこの例にもれなかった。ドアや建物を壊し鉄板に牙を突き刺し
四方八方の木材をへし折った。今後の危険を考えた議会はジャンボを処分することに決定。
そんな時アメリカのミルウォールで引き取るという申し出が。
<ジャンボ売渡し!>に大衆は大変驚いたそう!(そりゃ、そうだろ)

-------以下当時の新聞記事------

ジャンボは長年の動物園の大事なよびものの一つだったが、このたび理解しがたい理由からこのほどアメリカの興行師に売り渡されたのだ。ジャンボ自身が先行きの変化を予想していることは、痛ましいことに確かである。ジャンボは行きたくないのだ。だまそうとしたり力ずくで連れ出そうとする試みに対してこの象は理性的で忍耐強い断固たる抵抗を示している。ジャンボは明らかにロンドンの友と別れたくないのだ。同様にロンドン市民もたとえどんな感覚・感情の持ち主であろうとこの象がいなくなる寂しさはぬぐえまい。これがわが年老いた共に報いる道だろうか?純粋な恵みを、暖かで無邪気な楽しみを与えてくれた最良の恩人に報いる道だろうか?あらゆる子供達を根気良く背に乗せ、穏やかに愛想よくパンを受け取ったジャンボをついにお払い箱とし流浪する興行師の単なる動産として住む家も支えとなるとももない世界にさまよわせるなんて!

右の絵は「ミルウォールへの道」と題された風刺画(ジャンボの気持ちを代弁して書かれている)

【今、私はゆっくり通りを進む。悲しみで胸がいっぱいだ。出会う子供たち一人一人に心を込めてハンカチをふる。もうアルビヨンの地で彼らのバラ色の頬を見られないかと思うと、悲しみがこみ上げてくる】 と書かれています。(ホロリ)


日本の象のはなこ然り、動物と人間の隔たりや別れは切ないものです(シクリ)


d0141239_352574.jpg

左:動物園の日誌 第1ページ目
右:1887年には、ヴィクトリア女王の50年祝典を祝って園内でパーティーも催されました。


d0141239_1903973.jpg

上記の内容はG・ヴェヴァーズ著の【ロンドン動物園150年】から眠い目をこすりながら
即席抜粋したもので相変わらず説明が足らずで申し訳ありません(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ


≪London Zoo≫この名前はやはり心に響く大好きな場所です。
日本の動物園より数は行ったかもしれません。
今では動物園を指す<Zoo>という言葉はこのロンドン動物園の愛称として生まれた言葉だそう!

はぁ〜行きたい!

d0141239_1901487.jpg

昔のLondon Zoo Good's(今はデザインが違うけどこの動物達のシルエットが好きだった)


d0141239_18595151.jpg

[PR]
by g0316 | 2008-04-27 04:08 | 生・しぜんかい


                                                          


by g0316

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

MEMO

フォロー中のブログ

zubora日記
毎日手紙を描こう★貰うと...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
Toy Soldiers
ありがとう 人生!~me...
暮らし楽しく
yururito
Rise覚書
青と赤yue
小さじ1
apple8 memo
太美吉の楽書
平均律Ⅱ巻の森
Lenzgesind
くま先生の滋賀が大好き!
ひびのかけらをあつめて。
クールドミール
airy な仲間たち
ネコな海老
のんびりtime♪
PH4.4-7
ちりめん戯縫
Lush Life
Doily
たんぽぽのタネ
MONO STYLE +
青蓮亭日記
おへそ探し
POSITIVE ACT...
針仕事職人の気ままな仕事場
Melody Fair
マイペースな日々
こねこをかいはじめたの....
ring-a-ring-...
It's on my mind
のんびりさん
プカプカしましょ&#12...
Bon-bone-bon...
Autumn Leaf
キャトキンとモニアン
マトリョーシカ
海ん中
ducky!
ア ラ カルト
小さな宝探し
地中海の街から バルセロナ
グレン・グールド肖像画集...
空を見上げる
pensee
★楽しい毎日★
inunome-neko...
けんこうごはんとおいしい...
easygoing fe...
come rain or...
海の古書店
mille/deux b...
Vie tranquille
La Maison de...
Sea Glass
* Avanti * ...

カテゴリ

音・音楽の時間
日・ひびのこと
古・ふるいもの
出・でかけたよ
好・ほんやひと
食・たべるのむ
芸・あーともの
友・ブログの友
毛・こどもたち
物・ざっかもの
生・しぜんかい
伝・ごれんらく
ス・とりちなや
心・震える人々

タグ

(78)
(78)
(66)
(62)
(53)
(51)
(35)
(30)
(29)
(29)
(24)
(23)
(19)
(13)
(11)

以前の記事

2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

画像一覧

最新の記事

今年も宜しく。
at 2011-01-05 01:26
今年も、あとちょっと。
at 2010-12-31 22:58
② 毛の生えた大人たち IN..
at 2010-12-01 01:18
① 毛の生えた子供たち IN..
at 2010-11-28 01:03
Phantom
at 2010-11-18 01:25
寝たガル。
at 2010-11-04 23:32
莫ちゃん!!!・・・・・・・..
at 2010-11-01 13:29
こんばんは!
at 2010-10-22 23:35
Lomonosov
at 2010-10-05 01:54
カバ・・・・・・・。
at 2010-09-27 01:58

その他のジャンル