郵便配達夫シュヴァル

理想宮。 

オートリーブ (フランスの南東部ドローム県)
一介の郵便配達夫だったフェルディナン・シュヴァルが三十三年かけて建てた理想宮
がこの村にあります。

d0141239_238099.jpg


シュヴァルは1867年から29年間、この地域の郵便配達を勤めました。
この時代はまだ車はおろか自転車も無かった時代で、シュヴァルは毎日
起伏の多い畑や牧草地・森の広がる退屈な田舎道をひたすら歩き続けました。

彼は退屈な毎日の中、郵便物の中に世界中から送られてくる絵葉書・当時の挿絵入り
雑誌などを見ては,この人口千五百の小さな村以外に思いを馳せていました。

そんな彼が郵便配達を始めてから12年ほど経った43歳のある日、彼は配達の途中
石につまづいて転びそうになりました。
土に半分埋もれていたその石を掘り出したシュヴァルは、たちまちその不思議な形を
した石に魅せられてしまいました。

d0141239_249166.jpg






同種の石が彼の郵便受け持ち地域のあちこちに落ちているのに
気づきました。それからが彼のあくなき石探しの始まりなのでした。
(オートリーブ周辺は太古は海底であり古い地層からは奇岩怪石に富む所でした)

昼間は郵便配達の仕事に従事し、仕事が終り夜になると手押し車を押し、時には5,6
キロも歩き昼の仕事の途中でめぼしをつけていた石を取りに行きました。

やがて彼は集めた石を使って、長い間夢に描いてきた宮殿を建てようと決心します。

建築の知識はおろか美術の知識にも乏しく石工のなんたるかも知らない彼の
長い宮殿造りが始まったのです。

d0141239_2562957.jpg


今のように情報も・娯楽もない時代の村で、石ころを集めて何かを作り出そうと
する男は村の者にはただの変人にしか思えませんでした。

気違い・変人扱いされながら、以来三十三年間彼はその余暇を全て使い誰の助けも
頼らず来る日も来る日も宮殿造りに没頭します。

宮殿を作り上げ、覆うのは空間恐怖症にとりつかれていた彼の作り出す奇怪な
物ばかり。かわうそ、チーター、蛇、鷲、ペリカン、フラミンゴ、あらゆる種類の動物達。
また人間とは到底思えぬ怪物、椰子、糸杉の植物群、いたるところに凹みや洞窟が
施され、中には決まって何かがうごめき埋め尽くされている。郵便配達のさなか見かけた
情報源が彼の創作の源。それらが雑多に蓄積されていきました。

d0141239_331950.jpg


そして33年後の1912年、宮殿は完成します。
このときになると変人・狂人扱いしていた人々とは別に、彼の建造物に強い関心を
持つ人も現れ、見物人まで現れました。
ただそれでもこの片田舎の地で完成後45年間は一部のシュルレアリストたちの
嘆賞の的に過ぎませんでした。
国はこの醜悪な建物を文化財にするつもりなど到底なかったのです。
≪一切が醜い。田舎者の頭にうごめく、気違いじみた妄想だ!このような建物を国の
重要建造物としてロマネスクやゴシック大聖堂と並べてるとは!≫
文化担当国務省に残された文章には大体このような内容が残されています。

それでも、その一方で、評価は年々高まり遂にはドローム県だけではなく、郵政省までが
かつての下級吏員の為に動きだしました。

そして1964年、時の文化担当国務相、かのアンドレ・マルローの計らいにより国の重要
建造物に指定されます。


d0141239_312294.jpg


ろくな工具も材料もなく、狂人呼ばわりされながら仕事の傍ら石を集めただひたすら
自分の理想の城を築いたシュヴァル。

朽ち果てる前に救えて良かった^^

今では、元・郵便配達夫を称え切手になったり銅像になったり、もちろん有名な
観光地でもあります。彼の墓参りをする日本の方もいるそうです。。
夜にはライトアップされJAZZフェスティバルの催しなどもっ!!

多くの芸術大家がそうであるように、一郵便配達夫シュヴァルも後年称えられるという
光栄にあずかってます。

15年前くらいにシュヴァルの存在を知り、モンサンと並んでいつか行くぞっ!
と右手を上げてから何故こんなに年月が・・・・。そして、これからも・・・。

シュヴァルは宮殿の一角に【目的なき人生は幻想である】としたためていますが、
うぅ・・耳が痛い。

元気に楽しく暮らして人生まっとう!では、いけないのであるか???


d0141239_3485233.jpg

上記内容は<岡谷公二さん著の「シュヴァルの理想宮」>を参考にしています。
d0141239_349799.jpg

本の見返しがシュヴァルのスタンプで可愛いんですよ!
d0141239_351169.jpg


■もう少し興味がある方は[シュヴァルの理想宮のHP]をお薦め!(おフランス語だが。)

■もう少し画像が見たいという方はかおりさんという方がやってらっしゃる「旅の薫り」というブログに建物写真がのっていました。(フランス)というところをポチッとしてシュヴァルの写真を更に
ポチッで拝見できますよ。
[PR]
by g0316 | 2008-02-18 04:04 | 心・震える人々


                                                          


by g0316

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

MEMO

フォロー中のブログ

zubora日記
毎日手紙を描こう★貰うと...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
Toy Soldiers
ありがとう 人生!~me...
暮らし楽しく
yururito
Rise覚書
青と赤yue
小さじ1
apple8 memo
太美吉の楽書
平均律Ⅱ巻の森
Lenzgesind
くま先生の滋賀が大好き!
ひびのかけらをあつめて。
クールドミール
airy な仲間たち
ネコな海老
のんびりtime♪
PH4.4-7
ちりめん戯縫
Lush Life
Doily
たんぽぽのタネ
MONO STYLE +
青蓮亭日記
おへそ探し
POSITIVE ACT...
針仕事職人の気ままな仕事場
Melody Fair
マイペースな日々
こねこをかいはじめたの....
ring-a-ring-...
It's on my mind
のんびりさん
プカプカしましょ&#12...
Bon-bone-bon...
Autumn Leaf
キャトキンとモニアン
マトリョーシカ
海ん中
ducky!
ア ラ カルト
小さな宝探し
地中海の街から バルセロナ
グレン・グールド肖像画集...
空を見上げる
pensee
★楽しい毎日★
inunome-neko...
けんこうごはんとおいしい...
easygoing fe...
come rain or...
海の古書店
mille/deux b...
Vie tranquille
La Maison de...
Sea Glass
* Avanti * ...

カテゴリ

音・音楽の時間
日・ひびのこと
古・ふるいもの
出・でかけたよ
好・ほんやひと
食・たべるのむ
芸・あーともの
友・ブログの友
毛・こどもたち
物・ざっかもの
生・しぜんかい
伝・ごれんらく
ス・とりちなや
心・震える人々

タグ

(78)
(78)
(66)
(62)
(53)
(51)
(35)
(30)
(29)
(29)
(24)
(23)
(19)
(13)
(11)

以前の記事

2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

画像一覧

最新の記事

今年も宜しく。
at 2011-01-05 01:26
今年も、あとちょっと。
at 2010-12-31 22:58
② 毛の生えた大人たち IN..
at 2010-12-01 01:18
① 毛の生えた子供たち IN..
at 2010-11-28 01:03
Phantom
at 2010-11-18 01:25
寝たガル。
at 2010-11-04 23:32
莫ちゃん!!!・・・・・・・..
at 2010-11-01 13:29
こんばんは!
at 2010-10-22 23:35
Lomonosov
at 2010-10-05 01:54
カバ・・・・・・・。
at 2010-09-27 01:58

その他のジャンル